B'cafeへようこそ~

Beyond cutenessの2パピが看板犬のカフェ、略してB'cafeへようこそ。

Entries

ローリーがいない夜2日目

大丈夫、と自分に言い聞かせながら
なかなか気持ちは落ち着きませんが、
少しずつご報告はしていきたいと思います。

9日の日曜日本当はお花見BBQの予定でしたが
メンバーが都合が悪くなったりお天気やトモヤの体調も
イマイチで延期になりました。

夕方ルーパパが散歩に出る準備を始めました。
すると2パピがいつものようにとっても興奮します。
2匹とも一度に行く様子なのでハーネスを手分けして
つけようとしてました。ルーパパがルーキーに
私がローリーにつけようとしてたんですが
たぶんローリーはルーパパに置いて行かれると
思ったのかな、私の腕からルーパパの方向に飛んだんです。。。
そしてたぶん右前脚一本で着地しようとして失敗、
そして倒れ一瞬ローリーは右側を下にして動かなかったような
気がするんですが、次の瞬間「キャンキャンキャンッ!!」
すぐ抱き寄せたら指をガジガジ噛まれましたが、
じっと抱いていたら落ち着いてくれました。
「あぁ~右の前脚痛めてる、病院行かないと。。。」

かかりつけのU動物病院に電話しましたが休診の留守電で、
一応メッセージを入れて他もあたってみることに。
かかったことのある2軒の獣医科に電話しましたが
k動物病院はこれから緊急オペなので無理と言われ
T動物病院は「今から1時間様子を見てどんどん悪化するようなら
連れて来て下さい、そうでなかったら明日かかりつけに行って下さい」
と言われました。どんどん悪化って言われても
今どうなってるかもわかんないのに。。。。
で、迷いながらもU先生からの連絡を待つことに。
そしてローリーと私はうつらうつら寝たり起きたりの
一夜を過ごす事になりました。

長い長い夜が明けると雨でした。
ルーパパにトモヤの送り出しを頼んで
私はローリーとU動物病院に向かいました。
予想通り雨で道路が混んでいて40分近くかかりましたが
診察時間前に到着、院内で待たせてもらいました。
またその15分くらいが長いのなんのって。。。
そしてやっと診察、「あっコレはレントゲンですね」
「多分折れてます」いつものとおり淡々とおっしゃる先生。
「はぁ~やっぱり。。。」
夜中に内出血らしきものを見つけてそうかもしれないと思ってました。
(ひゃ~痛かったね、よく我慢したね。痛すぎて動けなかったんだ。)
で、レントゲンを見ると見事に骨折、人間で言う手首より少し上、
小型犬が一番骨折しやすいところだと聞きました。
内出血や腫れが治まってからの手術になるということで、
痛み止めの注射と患部固定の処置をしてもらって
その日は帰宅しました。
痛み止めが効いてきたら、なんと3本足で動き回りたがるので
その日の夜にケージレストのための折りたためるケージを買いました。
KC330074.jpg

KC330075.jpg



少しずつのつもりが長くなってしまいました。
これでも随分端折ってみたんですが、長いですね。
次はいつ更新できるかな?
明日、無事に手術を終え、一日病院で安静にしたローリーの
お迎えに行きます。顔を見たらやっとホントに安心できるかな?
でもこんな形の再会は初めてなんで、
私は涙を堪えられるかちょっと心配です。
何しろ、ローリーを完治させたいので、ネット時間は
限られると思います。ローリーと私に応援や励ましのお礼も
遅くなるかもしれませんが、少しお時間の猶予を下さいね。
沢山の方々の暖かい心に支えられていることに
感謝し続けながら、頑張りたいと思います。

14日朝トモヤを送り出してからここに
ルーパパに
「明日飲みに行くけ~飲み代おろしとけ」
って言われてぶち切れるのを必死で我慢した・・・・
って内容の記事を入れましたが、はじかれました。
でも一度文章にしたせいか、少し気持ちは落ち着いたので
同じ事を思い出して記事にするのはやめにします。
根は優しい人ですが、不安や心配の持って行き場がないと
悪態ついたりするんです。
お願いだからこの状況でそれはないでしょ、
いつもそういうタイミングなんです。

でも一呼吸置いて、こちらがぶち切れずに
少し考えて、とお願いすると考えてくれる人なので、
私はこの「一呼吸」にいつも苦労してます。
もちろん、待てずにぶち切れたこともあります。

さあ、気持ちをまた切り替えて
ローリーのお迎えに行ってきます。

Comment

 

チコリさん 大変だったんですね・・・。
久しぶりにお伺いしたのですが、びっくりしてしまいました。

ローリーくん、頑張りましたね。
チコリさん 、頑張りましたね。
どうしても自分を責めてしまうお気持ち、わかります。
私も以前、らなと遊んでいて足を痛めてしまったときは自分を責めて、らなに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
でも、でも、あまりご自分を責めないでくださいね。

ローリーくん手術が無事終わって一安心ですね。
はやくよくなってね。

チコリさん元気だしてください。
あぁぁ、何かうまく言えなくてもどかしいです・・・。
応援しています!!!






  • posted by ラナネ 
  • URL 
  • 2006.04/14 07:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

ラナネさん。 

こんばんは、経過を先に報告したかったので
コメントのレスが遅くなってごめんね。
応援を有難う。

自分を責めないで、って言ってくれる人って
きっと何かあったら自分を責めちゃう人なんでしょうね。
どっちかというとわたしもそうかもしれないけど、
今回はホントに一晩でやめたつもりなんですよ。
泣いててもローリーは元に戻らないし治らない、
完治のためには今何をどうすればいいか、
術後の安静時を少しでも快適に過ごすには
準備できるものはないか・・・
自分を責めて後悔で心が乱れていたら
何もできなかったと思います。
自分なり、というか我が家的にはローリーにとって
一番いい方法(獣医さんの選択)を選べたんじゃないかと
思っているんですよ。
まだまだこれからの方が長いですが。

私もうまくコメントまとめられず長くなっちゃいました。
  • posted by チコリ 
  • URL 
  • 2006.04/16 01:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

chicory

Author:chicory
papillons
Rookie♂2001.8.30
 広島県竹原市出身
Laurie♂2005.1.19
 東京都板橋区出身

Tomoya♂1990.1.16
 広島県広島市生まれ











無料カウンター



最近の記事

ブロとも申請フォーム